スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ママ鉄」急増中…子に付き合い自分もとりこに(読売新聞)

 電車好きの我が子に付き合ううちに、自分もとりこになってしまう「ママ鉄」が増えている。

 人気スポットに電車ウオッチングに出かけたり、目当ての電車に乗ってみたり。個性あふれる電車の“顔”が魅力だそうで、「イケメン」「アイドル系」などと呼んで楽しんでいる。

 「ほら、700系が来たよ!」。21日午後、東京・JR品川駅の東海道新幹線上りホームで、世田谷区の水野美夏さん(38)が、抱っこしていた長男の優真(ゆうま)君(2)に声をかけた。

 先頭車両がくちばしのような形の700系は、優真君のお気に入り。「喜ぶ息子の笑顔に癒やされる」という水野さんだが、実は自分もかなり楽しんでいる様子。「鼻が長くてユニークな顔。何とも言えない重量感がありますね」

 次々と到着する新幹線を30分ほど眺めた後、最新型N700系に乗り込み、東京駅までわずか6分間の“旅”を満喫した。

 水野さんが電車に熱中し始めたのは昨年秋。山手線に初めて乗った優真君の喜ぶ顔が忘れられず、鉄道図鑑を買って一緒に見たり、山手線を一周したりしているうちに、「電車の顔は個性的」と思うようになった。

 特にひかれたのが、2月末で東海道新幹線から引退した500系。すっきりとした面長の先頭車両を「イケメン」と評し、優真君を連れ、新横浜から東京まで乗車したほか、多摩川や相模川の鉄橋を走る姿を見に出かけた。引退前日は、有楽町駅前の東京交通会館のテラスで見送った。「今までありがとう」と、涙が止まらなかったという。

 「江ノ電のコトコト走る姿に『頑張れ』と応援したくなる」と話す横浜市港北区の松元玲さん(35)もママ鉄だ。今年初め、自宅近くの日吉駅で弓侑(ゆう)君(3)と東急電鉄の車両を見ていた際、同じように電車に熱い視線を送る母子に出会った。母親同士が意気投合し、人気スポットを一緒に訪れる仲になった。

 だが、子連れでは、カメラを抱えた熱いマニアが殺到するホームなどに並ぶのは大変だ。そんなママ鉄たちの参考書が、昨年7月に出版された「子鉄&ママ鉄の電車ウオッチングガイド東京版」。電車の姿や走行音を心おきなく楽しめる公園や飲食店、車両基地を見下ろせる陸橋など約50か所が掲載されている。特に、「トイレが近い」「遊具も併設」など、子連れが安心できる情報が充実している。

 著者の世田谷区の棚沢明子さん(36)もママ鉄。ガイドは、長男(6)と1年半かけて首都圏70か所以上を巡って作ったという。「子どもの笑顔が見られるし、育児のストレス発散にもなる。珍しい車両を見て、キャーと声を上げている様子は芸能人に出会った時のようですね」

 出版と同時に始めたインターネットのママ鉄コミュニティーの登録者は、650人に上る。「成田エクスプレスはイケメン系」「貨車を引く機関車EF64は、バリバリ頑張るサラリーマン」――。こんな書き込みのほか、「機関車ツアー」といったイベントの呼びかけも。

 「不況でも、お弁当を持っていけば、運賃1000円ほどで楽しめる」。棚沢さんは電車ウオッチングの魅力をこう説明している。

 奥野卓司・関西学院大教授(情報人類学)の話「幼い男の子は一度は鉄道に興味を持つ。それに応えようとする母親も、ネットで簡単に大量の情報を得ることができるようになり、ママ鉄を増やしているのでは。デジタルカメラで写真も簡単にブログに載せられ、育児で忙しくても母親の創造欲を満たしてくれる」(北浦義弘)

<朝鮮人遺骨>大戦中徴用の267体を確認 曹洞宗が調査(毎日新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
障害者施設、6割が利用再開=自立支援法施行で調査-厚労省(時事通信)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
舛添氏に反発?中村元建設相が改革クに離党届(読売新聞)
スポンサーサイト

【ECO最先「探」】夢の植物性固形燃料 CO2実質排出量ゼロ(産経新聞)

 二酸化炭素(CO2)やメタンなど、温室効果ガスの排出削減が求められている中、CO2の実質排出量がゼロとされる植物性固形燃料「バイオコークス」が国内外の自治体や企業から注目を集めている。近畿大学(本部・大阪府東大阪市)が民間企業などと研究、開発を進めている新技術。木材や飲料工場から出た茶葉のかす(茶殻)など植物に由来する廃棄物から作るため、地球温暖化の防止だけではなく、資源のリサイクルにも寄与する国産燃料として、大きな期待が寄せられている。(伊豆丸亮)

 コークスは、主に石炭を加熱分解して作られる固体燃料で、燃焼すると高温になることから、鉄鋼業などで鉄鉱石を溶かすためなどに使われる。国内では年間2500万トン以上が使用されている。鉄鋼業界では、燃焼時に排出されるCO2の削減とともに、石炭の輸入価格高騰によるコスト増という問題を抱えている。

 その両方の課題をクリアすると期待されているのがバイオコークス。近畿大学理工学部の井田民男准教授(47)が開発し、現在、量産化へ向けての研究が進められている。廃材のほか茶殻やコーヒー殻、野菜くずといった植物性の廃棄物を細かく砕き、大きな圧力をかけて鉄以上の硬度を持つまで圧縮し、成型して作る。

                   ◇

 井田准教授によると、重量当たりの熱量は従来のコークス(石炭コークス)の7割程度だが、炉で燃やした場合、石炭コークスよりも炉内温度があがりやすいという。

 植物は成長過程で光合成を行い、CO2を吸収するため、燃やした際に排出されるCO2は温室効果ガスとしてカウントされない。このため植物由来のバイオコークスの燃焼時のCO2排出量は実質ゼロとなる。石炭コークスを使用する際、その20%をバイオコークスと代替すればCO2排出量も20%削減されることとなる。

 近畿大が平成20年に自動車部品メーカーや鋳造炉メーカーと行った燃焼実験では、既存の炉では最大で石炭コークスの40%をバイオコークスで代替できることが分かった。現在、バイオコークスを100%用いた場合の燃焼温度に耐えられる炉の建設が検討されている。

                   ◇

 植物性のゴミならほぼすべてが材料となるだけに、リサイクルやゴミ処理軽減など、環境対策としても注目を集めている。すでに、大阪府森林組合が間伐材や放置林対策として、国や同府高槻市などの補助などを受けて事業化に着手したほか、新潟県柏崎市や青森県黒石市でも事業化の動きがあるという。

 井田准教授は「材料の大量調達という課題をクリアできれば、大きな国産資源となる。データを積み重ねて、広く使えるようにしたい」としている。

無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に-報酬も同時期倍増・東京(時事通信)
<雑記帳>「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
男児ポルノ、元被害者の少年4人が撮影加担(読売新聞)
足止め外国客にハンバーガー=無料シャワー券も配布-成田空港会社(時事通信)

<社会人野球>ホンダ鈴鹿など2勝目…日立市長杯予選リーグ(毎日新聞)

 社会人野球の日立市長杯選抜大会は18日、日立市民など2球場で予選リーグ6試合を行った。ホンダ鈴鹿は3投手の継投で日立製作所に快勝、三菱重工神戸を降したJFE東日本などとともに、2勝目を挙げた。

 ○…JFE東日本が休部の日産自動車から移籍の捕手・中野の好リードなどで三菱重工神戸を破り、連勝した。中野はショートバウンドを巧みなミットさばきで次々と捕球。投手に低めに投げる際の安心感を与え、好投を引き出した。昨年都市対抗で優勝したホンダに補強され若獅子賞(新人賞)を獲得した先発の須田は六回途中まで3安打1失点。このあとを継いだコーチ兼任12年目の松村と、9年目の三橋も1安打ずつしか与えず、逃げ切った。「勝てたことで今日は100点の仕事。日産での経験が生きている」と中野。今大会の監督代行を務める青野ヘッドコーチは「昨年逃した都市対抗を目指すチームの頼れる存在になってくれれば」とリード面のけん引に期待を寄せた。

【関連ニュース】
社会人野球:高砂大会第3日の結果
社会人野球:岡山大会リーグ戦の結果
社会人野球:日立市長杯選抜大会が順延
社会人野球:セガサミーなど勝利…リーグ戦 日立市長杯
社会人野球:JR九州、九州勢対決制して優勝 四国大会

<柳家花緑さん>結婚 お相手は年上の一般女性(毎日新聞)
エア・カナダ機、成田に2度緊急着陸(読売新聞)
中尊寺副住職、女子高生にワイセツ(スポーツ報知)
寛仁さま、トルコへ(時事通信)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)

<みどり市長選>現職の石原氏が再選 群馬(毎日新聞)

 任期満了に伴う群馬県みどり市長選が11日投開票され、現職の石原条氏(45)=無所属、自民、公明推薦=が、新人で貸家業の海老根篤氏(62)=無所属=を破り、再選を果たした。投票率は41.08%。

<2児死亡火災>意識不明の重体だった祖母も死亡 川崎(毎日新聞)
次世代送電網、5・4兆円市場へ 2030年、雇用創出は60万人(産経新聞)
対症療法、壊し屋…橋下vs井戸バトル再燃 総意どこ?3空港懇(産経新聞)
<選挙費用>未払いのまま連絡取れず…落選の国民新党候補(毎日新聞)
園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)

<あっち向いてホイ>視床の関与を解明…北大医学部(毎日新聞)

 「あっち向いてホイ」のような目標とは反対方向への眼球の動きに、脳の一部で嗅覚(きゅうかく)以外の感覚信号を脳に伝える視床と呼ばれる組織が活発に動いていることが、北海道大医学部の研究で明らかになった。7日、米国の医学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」に発表された。眼球を随意に動かす機能に障害がある統合失調症や注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療に役立つ可能性があるという。

 研究ではサル3匹を使って、モニター中央に赤と緑を点灯させ、赤の場合は目標と同じ方向、緑の場合は目標と反対方向に眼球を動かすようにしつけ、正解のときはリンゴジュースを与える実験を行った。脳の情報伝達経路を調べた結果、目標と同じ方向に眼球を動かしたときには変化のなかった視床の神経活動が、反対方向への動きでは活動が増し、大脳皮質に信号を送っていることが分かった。

 視床は、神経細胞が集まった基底核などからの信号を経由する、情報の交差点のような部分。これまでは眼球を動かす機能は大脳皮質が関係していることしか分かっていなかった。新たに視床が関係していることが解明できたことから、研究を担当した田中真樹准教授(認知行動学)は「神経疾患の病態が分かり、臨床への応用が期待される」と話している。【千々部一好】

【関連ニュース】
市民フォーラム:精神障害者の暮らしと支援--横浜で11日 /神奈川
ギャラリー:NPO「てくてく」に完成 毎日介護賞の支局長賞受賞--松本 /長野
ひょうご東西南北:発達障害テーマに講演会--18日、豊岡 /兵庫
ことば:発達障害 /山口
統合失調症:あす尼崎で講演会 /兵庫

機密情報保全へ事務レベル協議=米の懸念に対応-外相会談(時事通信)
関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)
普天間移設で詰めの協議=首相と関係閣僚が会談(時事通信)
学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令(読売新聞)
北海道厚沢部の車両火災 子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)

「ベーシックインカム」制度 導入議論急速に盛り上がり(J-CASTニュース)

 すべての人に最低限の所得を保障する「ベーシックインカム」導入の議論が、急速に盛り上がってきた。鳩山首相も「検討すべき」と明言し、研究者らが意見交換のネットワーク組織を立ち上げるなど、具体的な動きが相次いでいる。

 お堅い話なのに、ネット上の盛り上がりぶりは異例だ。

 ニコニコ生放送で2010年2月21日にホリエモンこと堀江貴文氏らが参加して放送された「朝までニコニコ生激論」。未明の放送にもかかわらず、ベーシックインカムの生討論には、累計5万人もが視聴した。

■ブログきっかけに関心高まる

 コメント総数は、なんと18万件にも。回線制約で同時に1万人しか見られなかったものの、3時間半の放送中、常に同人数が張り付いた状態だったというのだ。

 ベーシックインカムは、欧米では200年以上前から唱えられ、1960年代ごろから社会運動になったとされる。日本で最近、急速に注目を集めるようになったのは、長引く不況や格差社会への不安などが背景にあるらしい。具体的には、最低所得が月5~8万円の支給レベルで議論されている。

 ネット上で注目を集めたきっかけは、経済評論家の山崎元さんが07年8月28日に書いたブログだった。「『ベーシック・インカム』を支持します」。こんなタイトルで、ベルギーの政治哲学者の論文を読んで共感したというそのメリットについて、かなりの長文で紹介している。

 これが、堀江貴文氏やアルファブロガーの小飼弾氏らのブログで紹介されると、瞬く間にネット上で議論が広がった。これらのブログには、コメントが多数付いており、その関心の高さがうかがえる。

 政治的には、新党日本が09年8月の衆院選でマニフェストに掲げている。民主党政権でも、この盛り上がりぶりに関心があるようだ。鳩山由紀夫首相は10年2月26日の衆院予算委員会で、新党日本の質問に対し、ベーシックインカムが「検討されるべきだ」と答弁している。

■メリットやデメリットあり、現状は賛否両論

 ベーシックインカムの議論では、メリットやデメリットが指摘され、現状は賛否両論だ。

 メリットとしては、最低限の生活保障はもちろんだが、生活保護や失業手当、年金などの制度がなくなり、行政コストが削減されることが挙げられる。また、仕事を作るだけの公共事業を減らすことができる。いわば「小さな政府」になるということだ。さらに、労働者にとっては、失業が怖くなくなり、仕事を生きがいで選ぶことができる。逆に、企業は、雇用調整がしやすくなり、事業に専念できるという。

 一方、デメリットとしては、何より財源が大きくなり過ぎることが指摘される。ある試算では、月8万円なら単純計算で年120兆円の予算が必要になり、所得税が40%以上にもなるというのだ。また、働かなくても支給される人がいて、バカらしくて働かなくなるとされる。また、みなが嫌がる重労働などをしなくなったり、生活が保障されるので犯罪が増えたりする、など様々な指摘がある。

 ネット上でも、賛成派の堀江貴文氏に対し、ひろゆきこと西村博之氏は2010年2月21日付ブログで、「空虚な議論」として異論を唱えるなど、意見がまとまっていない。

 こうした議論を建設的に進めようと、研究者の間では、意見交換の場を作る動きが出てきた。京都府立大公共政策学部の小沢修司教授らが3月27日に設立した「ベーシックインカム日本ネットワーク」だ。その代表となった小沢教授は、こう語る。

  「貧困・格差の広がりで、従来の社会保障が機能不全に陥っています。ベーシックインカムは、それに代わる新たな制度になりうると考えています。その中で、多様な働く形が広がり、人生の選択肢が増える社会も実現するでしょう。しかし、まだ内容が多くの人に伝わっていません。従来の福祉の考え方と相容れず合意形成は難しいので、まずその考え方を知ってもらうことが大事だと考えています」


■関連記事
「月8万円」国が無条件支給 「うまくいく」説と「働かなくなる」説 : 2010/03/25
政府の年金運用は間違い 全員に毎月8万円一律に配れ/(インタビュー「若者を棄てない政治」第2回/元ライブドア社長・堀江貴文さん) : 2009/08/17
本当は働きたくない 「楽な仕事はないですか?」 : 2010/02/26
櫻井翔の「頑張り」演技 1度も没入できなかった理由 : 2010/03/26
世界初、「分離・合体」可能なケータイ!?  : 2010/03/29

小児の臓器提供 児相通告事案は見合わせ 厚労省ガイドライン(産経新聞)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業-東京地裁(時事通信)
<転落死>14階から3歳男児 東京・八王子(毎日新聞)
<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。