スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私服警官を客引き 風営法違反容疑でキャバクラ従業員を逮捕(産経新聞)

 警戒中の私服警察官に対し、執拗(しつよう)な客引きを行ったとして千葉県警千葉中央署は14日、風営法違反(客引き)の現行犯で、千葉市中央区富士見町の飲食店の従業員の男(23)=同市中央区矢作町=を逮捕した。同署によると、男は容疑を認めているという。

 調べでは、男は同日午後9時40分ごろ、千葉市中央区富士見町の路上で、私服で警戒中の警察官に「70分3500円です」と客引きし、自身が働くキャバクラまで執拗に案内したとされる。

 同署によると、現場周辺には飲食店が集中していることから、多数の客引きがおり、通行人や周辺住民から苦情が寄せられていた。同署では私服警察官による警戒を強化するなど、環境浄化に取り組んでいる。

【関連記事】
客と思ったら警官、キャバクラ勧誘容疑で逮捕 愛知
中洲にしては素人過ぎる客引き…私服警察官を見抜けず逮捕
「イチゴーで全部」買春を勧誘 客引き男女9人を摘発 設置直後の防犯カメラが決め手 渋谷・道玄坂
捜査員に「昔ながらのNK流だよ」 客引き容疑で男を逮捕
「どうですか、本番」警察官に客引き 容疑の男逮捕

<会社役員殺害>「人違い」逮捕の組員供述 07年・高崎(毎日新聞)
ユーチューブに漫画撮影し投稿=中3、著作権法違反容疑で逮捕―京都府警(時事通信)
施術装い下半身触る=整体師の男を逮捕―神奈川県警(時事通信)
民家全焼78歳男性?死亡 兵庫・伊丹(産経新聞)
北海道で震度3(時事通信)
スポンサーサイト

万博日本館の人気定着、待ち時間連日3時間(読売新聞)

 【上海=加藤隆則】5月1日の開幕から1か月を迎えた上海万博で、官民が計130億円を投じた日本館は、人気パビリオンとしての評価が定着し、連日、3時間以上の行列ができている。

 江沢民・前共産党総書記をはじめ中央・地方の幹部も多数来場し、バイオリンを弾くロボットや下水の飲料水化、海水の淡水化などの技術を紹介する展示を見て回った。江原規由館長は「先端技術には、中国の指導層からも強い関心が集まっている」と話す。

 遣唐使以来の日中交流史や両国が協力するトキ保護活動も紹介しているが、こちらの反応は今ひとつ。

 一方、開幕日からしばらく国旗掲揚を見送っていた同館は、5月19日から、中国国旗と並んで日の丸を掲げた。

 メディアや国会で取り上げられ、「主要国を調べたところ半数以上が掲揚していたため」(同館)という。「先端技術」とは対照的な後手の対応だ。

【おいしい日本】ブランド追求編 フカヒレ(産経新聞)
「あなた大丈夫?」「待ってくれよ…」 還暦の絆「夫婦富士登山」はいかが(産経新聞)
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官(産経新聞)
生活保護費詐取事件 元代表、名前複数使い分け(産経新聞)
知人に農薬混入コーヒー=殺人未遂容疑で男逮捕―長野県警(時事通信)

社民、署名拒否を決定 日米共同声明「辺野古」削除要求(産経新聞)

 社民党は27日午前、党本部で常任幹事会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐる対応について、日米共同声明に移設先として名護市辺野古が明示された上で、閣議で署名を求められた場合、党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が署名に応じない方針を党として確認した。

 幹事会後、重野安正幹事長は平野博文官房長官に電話し、辺野古への移設を共同声明に明記することを見送るよう要求したが、平野長官は「(共同声明を)最終的に作り上げていっており、一からやり直すことにはならない。考えづらい」と述べ、応じない姿勢を明確にした。

 福島氏は幹事会後の会見で、署名しないことによる罷免は受けるのかと聞かれ「それは相手方がお考えになることだ」と述べた。一方、重野氏は会見で「今は連立離脱を議論する時間帯ではない」と述べて結論を先送りした。党内では離脱容認派と連立維持派が互いの主張を展開しており、スタンスをめぐって両者の対立が深まっていることが先送りの背景にある。

 しかし、福島氏が閣議で署名しない姿勢を社民党が党として了承したことで、鳩山由紀夫首相が共同声明を受けた形で閣議了解を求めた場合、同党は連立政権からの離脱を迫られることになる。

 ただ、首相が署名を必要としない首相発言での決着をはかった場合は反対姿勢を示すだけで、政権にとどまる公算が大きい。

 鳩山首相は27日朝、福島氏について「私どもとしては極力、理解をいただけるように最後までできる限り努力する。それしかない」と述べた。

社民・緊急両院議員総会 日米共同声明「辺野古」明記反対を確認(産経新聞)
国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外(読売新聞)
天皇陛下が田植え(時事通信)
「小沢氏の集中審議を」自民歴代幹事長会談(産経新聞)
普天間移設 最終決着ほど遠く 合意の体裁取り繕う(産経新聞)

動物愛護 殺処分からペット救え 100匹と飼い主が行進(毎日新聞)

 ペットブームの陰で捨てられた犬や猫が年間約28万匹殺処分されている現状を訴えるチャリティーウオークが9日、東京・お台場であった。真夏のような日差しのなか、約100匹の犬と飼い主が参加した。

 動物用医薬品を製造・販売する企業の主催。動物愛護センターから市民団体に保護されて殺処分を免れた犬たちが、新しい家族とともに海辺までの約2キロを大行進。3歳の雑種犬「メイ」を連れてきた埼玉県越谷市の学校相談員、仁上裕子さん(39)は「メイは自分が命拾いしたことを知っているのか、とても賢くていい子。子犬や純血種の人気が高いが、捨てられた雑種や成犬の譲渡がもっと広がるといい」と話した。

 主催企業はこの日集まったカンパや今後の売り上げの一部を、センターに収容された犬猫の新しい飼い主探しに取り組む動物保護団体などに寄付する。【田後真里】

“青く見えない隣の芝生” 校庭芝生化8% 維持管理が大変/効果に疑問(産経新聞)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
多感な少女が短歌に託した思いとは… 「ポニーテイル~15才のみそひともじ」(産経新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施-民主の参院選公約案(時事通信)
<訃報>磯部昇一さん 84歳=磯部和夫・滋賀銀行専務の父(毎日新聞)

「ママ鉄」急増中…子に付き合い自分もとりこに(読売新聞)

 電車好きの我が子に付き合ううちに、自分もとりこになってしまう「ママ鉄」が増えている。

 人気スポットに電車ウオッチングに出かけたり、目当ての電車に乗ってみたり。個性あふれる電車の“顔”が魅力だそうで、「イケメン」「アイドル系」などと呼んで楽しんでいる。

 「ほら、700系が来たよ!」。21日午後、東京・JR品川駅の東海道新幹線上りホームで、世田谷区の水野美夏さん(38)が、抱っこしていた長男の優真(ゆうま)君(2)に声をかけた。

 先頭車両がくちばしのような形の700系は、優真君のお気に入り。「喜ぶ息子の笑顔に癒やされる」という水野さんだが、実は自分もかなり楽しんでいる様子。「鼻が長くてユニークな顔。何とも言えない重量感がありますね」

 次々と到着する新幹線を30分ほど眺めた後、最新型N700系に乗り込み、東京駅までわずか6分間の“旅”を満喫した。

 水野さんが電車に熱中し始めたのは昨年秋。山手線に初めて乗った優真君の喜ぶ顔が忘れられず、鉄道図鑑を買って一緒に見たり、山手線を一周したりしているうちに、「電車の顔は個性的」と思うようになった。

 特にひかれたのが、2月末で東海道新幹線から引退した500系。すっきりとした面長の先頭車両を「イケメン」と評し、優真君を連れ、新横浜から東京まで乗車したほか、多摩川や相模川の鉄橋を走る姿を見に出かけた。引退前日は、有楽町駅前の東京交通会館のテラスで見送った。「今までありがとう」と、涙が止まらなかったという。

 「江ノ電のコトコト走る姿に『頑張れ』と応援したくなる」と話す横浜市港北区の松元玲さん(35)もママ鉄だ。今年初め、自宅近くの日吉駅で弓侑(ゆう)君(3)と東急電鉄の車両を見ていた際、同じように電車に熱い視線を送る母子に出会った。母親同士が意気投合し、人気スポットを一緒に訪れる仲になった。

 だが、子連れでは、カメラを抱えた熱いマニアが殺到するホームなどに並ぶのは大変だ。そんなママ鉄たちの参考書が、昨年7月に出版された「子鉄&ママ鉄の電車ウオッチングガイド東京版」。電車の姿や走行音を心おきなく楽しめる公園や飲食店、車両基地を見下ろせる陸橋など約50か所が掲載されている。特に、「トイレが近い」「遊具も併設」など、子連れが安心できる情報が充実している。

 著者の世田谷区の棚沢明子さん(36)もママ鉄。ガイドは、長男(6)と1年半かけて首都圏70か所以上を巡って作ったという。「子どもの笑顔が見られるし、育児のストレス発散にもなる。珍しい車両を見て、キャーと声を上げている様子は芸能人に出会った時のようですね」

 出版と同時に始めたインターネットのママ鉄コミュニティーの登録者は、650人に上る。「成田エクスプレスはイケメン系」「貨車を引く機関車EF64は、バリバリ頑張るサラリーマン」――。こんな書き込みのほか、「機関車ツアー」といったイベントの呼びかけも。

 「不況でも、お弁当を持っていけば、運賃1000円ほどで楽しめる」。棚沢さんは電車ウオッチングの魅力をこう説明している。

 奥野卓司・関西学院大教授(情報人類学)の話「幼い男の子は一度は鉄道に興味を持つ。それに応えようとする母親も、ネットで簡単に大量の情報を得ることができるようになり、ママ鉄を増やしているのでは。デジタルカメラで写真も簡単にブログに載せられ、育児で忙しくても母親の創造欲を満たしてくれる」(北浦義弘)

<朝鮮人遺骨>大戦中徴用の267体を確認 曹洞宗が調査(毎日新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
障害者施設、6割が利用再開=自立支援法施行で調査-厚労省(時事通信)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)
舛添氏に反発?中村元建設相が改革クに離党届(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。